武蔵野中央病院看護部の紹介

営業時間 9:00〜16:30

看護部長挨拶

看護部長挨拶

「成長」を喜びあえる仲間を求め、応援し続けます

内科・精神科ともにQOLを大切にしながら、患者さまには穏やかな入院生活を送っていただきたいと思います。そのため一人一人の人権を守り、個人を尊重した対応を心がけ、安全で安心な質の高い看護が提供できるよう努めています。「心と体」をバランス良く看ながら「口から召し上がっていただくこと」の意味をふまえた目標の検討や、当院ならではの摂食機能評価、口腔ネラトン法等による口腔リハビリテーションの技術の向上に力を入れています。自らの仕事に責任と誇りを持って取り組み、ともに成長を喜びあえる仲間を応援していきます。

看護部長 大西 潤子

看護部理念

病院の理念である「限りない心の奉仕をクランケに」を基盤とし、
患者さまが安心して入院(来院)できる病院にします。
一人一人を大切にし、個人を尊重した看護を提供します。

目標

1.安全を確認し、信頼される仕事をします。
2.専門職として自分の仕事に責任を持ちます。
3.ゆとりのある心で患者さまに接し、思いやりのある言葉をかけます。

看護部組織図

外来・病棟紹介

外来

診察は予約制になっています。感染対策を含めて、患者さまに安心して受診していただけるよう心がけています。

待合室

診察のようす

1-A病棟

1A病棟は、主に高齢の内科的慢性疾患の患者さまを受け入れており、急性期治療を終えても引き続き医療を含めたケアが必要な患者さまも入院されています。また認知症や廃用症候群を伴っている方も多く、ADLの低下、嚥下機能の低下を生じている患者さまに対し、医師、コメディカルのスタッフとともにリハビリテーションや摂食機能訓練などのケアにも積極的に取り組んでいます。またチームワークを第一に安心、安全な看護の提供と、働きやすい職場づくりを目指しスタッフ一丸となって頑張っています。

他職種のスタッフと患者さま

1-B病棟

1B病棟は療養型病棟で、看護師・介護福祉士・介護士でチームを組み、ケアを行っています。私たちは、長期にわたる療養が必要な要介護者を対象に、保清・保湿を行い皮膚トラブル予防に力を入れて頑張っています。
 広々とした食堂からは、緑の木々が見え、穏やかにゆったりと過ごせる環境で患者様のケアをしています。洗面所にあるポスターは、レクリエーションで患者さまが作ったはり絵です。テーブルの上にはアクリル板を置き、三密を避け、除菌クロスで清掃、携帯手指消毒剤を全員が持ち、感染予防を強化しています。

療養病棟には、医療病床で患者さまの治療が行われています。そこで私たちは、医療安全にはとても力を入れています。

療養病棟の特色の一つ、病棟にはレクリェーションがあります。介護病棟の患者さまと、ちぎり絵ポスターを作りました。

2病棟
(精神科身体合併症病棟)

点滴等処置も多く忙しい中でも患者さまと過ごす時間を大切にしています。

患者さまと一緒にお花見!

3-A病棟

若者から年配の幅広い年齢のスタッフが、毎日カンファレンスで患者さまの問題解決の方法を検討しています。

カンファレンスの様子

3-B病棟

精神科 男女混合 急性期及び慢性期の病棟で、男性スタッフが半分を占める活気あふれる病棟です。 患者さまの年齢層が30代から80代までと幅広いため、様々なニーズに答えられるように、スタッフは日々コミュニケーション技術を磨いています。 摂食嚥下訓練にも力を入れており、患者さまが毎日の食事をおいしく、安全に食べられるように援助しています。 治療を終えた際には、医師、看護師、介護士、作業療法士、精神保健福祉士との連携を図りながら患者さま、ご家族の意思を尊重した退院支援をこころがけています。

バイオリンの音色と満開の桜に患者さまの心も安らぎます。

精神科訪問看護

精神科訪問看護とは

外来通院をしている方が、地域社会で生活を継続できるように支援する目的で行っています。医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士が協力し合いながら担当しています。

対象になる方

●当院の外来に通院されている方
●病気と付き合いながら地域で生活を継続しようとしている方
●治療を続けることが途絶えがちになっている方
●病気に対して不安を持っている方
●日常生活に不安を持っている方 

訪問回数

主治医と相談にて月の回数が決まります。

訪問者

看護師、作業療法士が1~2名にて訪問。

訪問時間

30分~1時間程度。

訪問看護の内容
退院前訪問 住居の状況確認、家族や近隣との関係確認、通院時間(交通機関)や経路の確認、利用するお店などの確認などを行います。退院後の不安を軽減できるよう目指します。
精神症状に関する相談 治療中のご病気の症状や、そのほかの悩みの相談にのります。悩みを共有し、共に考えて心の負担の軽減を目指します。
体のサポート 体温や脈拍や血圧など、健康状態をチェックします。必要があれば早急に主治医へ報告し、速やかに対応します。
お薬の管理 飲み忘れなく、継続していけるような工夫を一緒に考えます。また副作用についての相談や、早期発見の役割もあります。
暮らしのサポート 日常生活に関する相談(食事、睡眠、余暇、金銭、清掃など)にのり、より良く安心して生活できるよう一緒に考えます。
また、利用可能な福祉制度の導入やハローワークの情報提供など、利用者にとって必要な情報提供を行います。
ご家族のサポート ご家族の相談に乗り、必要な情報を提供します。利用者同様、不安の軽減を目指します。

精神科デイケア

デイケアとは

外来通院している方を対象に、日中の活動の場として様々なプログラムを通して、規則正しい生活リズムや日常生活内で必要となる知識や技能、集団での対人関係を学び地域で自分らしく生活できることを目指しています。

当院のデイケアの特徴

スポーツ、園芸(クロスケ村)、脳トレ、テーブルゲーム、DVD鑑賞、健康についての勉強会(健康燦々)、デイケアドック等に加えて、創作・ものづくり、楽器演奏等の音楽活動、俳句と川柳、書道、絵本の朗読、生け花等、音楽・美術・演劇的な表現活動も多く取り入れ、健康的な心と身体作りができるようなプログラムを実施しています。
※現在新型コロナ感染症対策(検温、手指や道具の消毒、アクリルシールドの活用、等)のもと、活動を展開しています。

利用の流れ

※通所日数や参加されるプログラムに関しては、利用目的を踏まえて話し合いで決めていきます。

担当スタッフ

作業療法士、看護師 2~3名にて担当

1週間のプログラム例
AM【スポーツ】:グラウンドゴルフ
PM【音楽活動】:トーンチャイム、手話歌
AM【クロスケ村】:
夏野菜の準備、花の手入れ
PM【テーブルゲーム】:
麻雀、花札、トランプ など
AM【健康燦々】:
新型コロナ感染症とは
PM【DVD鑑賞】:
おすすめ映画
休み
AM【脳トレ】:
間違い探し、点つなぎ など
PM【レクリエーション】:
ジェスチャーゲーム、風船バレー など
AM【書道】:
季節のことばを書こう
PM【スポーツ】:
ストレッチヨガ
実施日

月・火・水・金・土曜日
(木・日・祝日休み)

活動時間
1日利用 9時~15時
午前利用 9時~12時
午後利用 12時~15時

※1日参加の方は、お昼ご飯を当院から提供しています

健康的な心と身体作りとは
(当院デイケアのプログラム)

休養・楽しみ 創作活動 /DVD鑑賞 /生け花 /一日外出 /書道 /音楽活動 /レクリエーション /季節のイベント /クロスケ村(畑で旬の野菜作り、花壇作り) /テーブルゲーム(オセロ・麻雀・トランプ・ルーレット・ジェンガなど) /マインドフルネス /詩や絵本の朗読
食事

・料理プログラム

メニュー決め、材料決め、調理を実施。
栄養バランスについて考えたり、料理の技術を学びます。
※コロナ禍においては実施のタイミングを検討するほか、個別に調理を行う(キャンプ料理)・レトルトや缶詰を使用する(防災料理)等、工夫をして取り組んでいます。
運動

・ラジオ体操 ・ストレッチ ・ウォーキング

・健康クラブ(骨盤底筋体操・呼吸筋体操・ラダートレーニングなど)

・スポーツ(卓球・ヨガ・ボッチャ・ウォーキング、グラウンドゴルフなど)

体力づくり、筋力増強、身体の柔軟性向上を目的に取り組みます。
自宅でも簡単に行える体操を指導します。
生活基盤

デイケアドック(月 1 回の身体測定)

・公開福祉相談(精神保健福祉士による話)

・健康燦々(感染予防や生活習慣病など健康に関する身近な話題を提供)

・出前講座(当院外から様々なスペシャリストを呼び、話を聞く・体験する)

生活していく上で必要なこと、知っていると得なこと、文化的(音楽・芸能・ダンス等)体験などを専門家から学び、生活を豊かにします。また利用者同士での情報交換を行います。

お茶会

園芸活動 野菜収穫

創作活動 ステンドグラス

創作活動 タイルクラフト

スポーツ ボッチャ

看護部看護要員

2月1日現在 人数(内)は、非常勤数

看護師 83(16)人
准看護師 24(5)人
看護補助 61(25)人